敷延に車を停めたら自転車は通れるか?

 

 

こんばんは、吉田憲司です。

 

 

みなさん、敷延(しきえん)ってわかります?

 

不動産用語で、「敷地延長の地形」を略して「敷延」と呼んでます。

 

カンタンにいうと、奥まったおうちのことをいいます。

旗竿地なんて呼ぶこともあります。

 

こんな感じの奥のおうちのことです。

⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

 

 

 

 

 

 

キレイな四角の形をした土地よりも、価格が安く、他人の目が気にならないので魅力的です。

 

ただ、みなさんの心配事としては、

「陽当たりが良くないんじゃないかな…」

「風通りはどうなの?」

「車停めたら自転車が通れないんじゃないの?」

などが頭をよぎると思います。

 

そこで、この敷延物件に対するネガティブ要素の1つである

敷延に車を停めても自転車は通れるか?」

をお伝えします。

 

私が実際に検証したので、おうち選びの参考にしてください。

 

=================================

 

「敷延に車を停めても自転車は通れるか?」

 

■結論からお伝えすると、幅2.7mあれば通れます。

 

 

上記写真の実際の幅はと言うと…

⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

 

 

 

 

 

 

 

 

メモリが見えない!

 

見えた!

⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

 

 

 

 

 

 

幅2.71m 

 

幅2.7mは一般的な建売物件ではよくあります。

 

 

そこに、プリウスと自転車を駐車。

⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

 

 

 

 

 

 

後ろから。

⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

 

 

 

 

 

 

ファミリー層に人気のミニバン、トヨタ3兄弟のボクシー、ノア、エスクワイヤーや、日産セレナは、ベース車種が5ナンバーサイズとなり、車幅は1.7m未満です。

 

今回の検証に使用したプリウスの車幅は1.74m。

 

実はプリウスの方が車幅があります。

 

そのプリウスを駐車して写真の通りです。

 

ちゃんと自転車は通れます。

⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

 

 

 

 

 

 

しかもミラーはたたんでいません。

⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎⬇︎

 

 

 

 

 

 

 

ミラーたためばもう少しゆとりができますね。

 

結果、幅2.7mあれば問題ない。

 

といえます。

 

お渡しした物件資料に、

このような敷延の物件があっても、、、

 

希望のエリアで、

 

予算的に、

 

「敷延なら手が届く!」

 

のであれば、一考する価値はあります。

 

それでも駐車に不安があるようでしたら、実際に愛車を停めてみるのもいいですね。

 

資料見ただけで、NGにしてしまうのは勿体ないかもしれませんよ~

 

それではコロナに気を付けてください。

 

投稿日: 作成者: イエスタジオ  カテゴリー: イエスタブログ   パーマリンク 

コメントは受け付けていません。