鮨 青海★☆☆☆☆(星1つ)

稲田です。

 

先日、新宿にお鮨を食べに行って参りました。

何度誘っても断られ続けていた方と

やっと取り付けた食事ですので絶対に外せないのです!

IMG_0414-e1452914516303[1]

 

 

「お鮨がたべたい」とリクエストを頂いていたので

我らが食べログさんでチェック!

ふむふむ

1位 3.96 匠誠さん・・・コース料金 1人24000円

2人で48000円か~

お酒飲んだら余裕で6万円かぁ~

高っけなぁ~却下

 

2位 3.77 青海さん・・・コース料金 1人12000円

匠誠さんの半額でいいですねぇ~

ここに決定!

 

 

img_6241-e1472263121410[1]

 

 

新宿の駅近でアクセスも抜群です。

お店は汚い雑居ビルの4階

こんな汚いビルに食べログ2位のお店があるなんて想像もつきません

 

3人ぐらいしか乗れそうもない

小さなエレベータで上がると

 

ん~なるほど、綺麗な店構え

こんなに汚いビルの中にあり

洗礼された雰囲気お店がございました。

ビルの古さが、いい感じに前振りになっております。

これがサンチーが言ってた『ギャップ萌え』かっ!

 

私、普段はお寿司屋さんに行ったら

カウンターに座り大将の仕事を見ながらお鮨を頂くのが好きなんですけど、

この日は個室にして頂きました。

IMG_0412-e1452914189844[1]

 

広くはないけど、完全にプライベートな空間になっていて

良い雰囲気です。

 

今回のコースは以下の通りです。

1品目

なんと中トロの握りでした。

一発目から中トロとは意外ですね

そして

前菜

おとうし

●タラコのわさび漬け
●タコ
●オクラ
●焼たらこ
●里芋と蟹のあんかけ

susi

 

susi2

●握り

●いぶりがっこのマスカルポーネ
●べったら漬け

yaki

●ぶり

sirako

●ふぐの白子

ちゃわんむし

●いくらとズワイガニの茶碗蒸し

 

ひととおり食べたところに大将がやってきて

「雲丹の食べ比べがございますがいかがいたしますか?」

食べログの口コミも見ていたので価格も知っていましたが

価格のアナウンスは一切なしでした

「へ~」って感じ

二人分お願いしました。

uni

 

丁寧な盛り付けとは言えませんね…

 

うに説明

 

 

これで一皿幾らだと思います?

9000円ですよっ!

こんなに小っちゃいの二人で分けるの?って思ったら

2皿来ちゃいました

ってことは18000円かっ!

E382B9E382BFE383B3E38397E291A3

ボストンの雲丹なんて乾き気味で固くなってるし…

味も微妙な感じでした…

 

 

 

 

 

 

 

 

その後も色々出て来ましたが

雲丹皿のインパクトが強すぎてよく覚えておりません。

 

料理の感想としては

基本的に全部少ししょっぱい感じがしました。

お醤油を使わせないこだわりから、

しょっぱめに提供してるんですかね?

雲丹の食べ比べは面白いですが、

これだけで9000円

2人で18000円なら他のすし屋でコースが頼めますね

アホかって思いました

 

 

 

 

 

 

 

 

結局お酒も3杯づつくらい飲んで6万円近くかかりました…

都会価格なんですかね…

そもそも雲丹皿2人分で18000円も取るのに

価格アナウンス無しって時点で良心的なお店とは思えませんね

当然、再訪はありません

確かに食べログの口コミでは酷評している方もいましたが

全体的に評価高かったし

都会ってこんなもんなんですかね?

お鮨を食べるなら青梅線から出ないようにしようと心に誓いました。

投稿日: 作成者: イエスタジオ  カテゴリー: イエスタブログ   パーマリンク 

コメントは受け付けていません。